teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 下目黒の「恐怖の精神虐待魔」(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:94/378 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

原爆記念「平和希求詩展」

 投稿者:坂口 博  投稿日:2010年 8月20日(金)08時41分30秒
  通報 編集済
   「毎日新聞(西部本社版)」の1954年8月9日から19日まで、原爆記念「平和希求詩展」という紙上「詩展」が開催されていた。当時、組織されていた九州詩人懇話会の企画のようだ。「長崎原爆記念平和週間に際し、九州詩人懇話会から、九州各地同人誌および一般へのよびかけによって、短時日の間に集まった平和を守る声」という。その経緯の詳細は不明だが、概要を紹介する。
 ①9日 メッセージ(九州詩人懇話会)/大重春二(まえおき)/風木雲太郎(九州文学)「夏の葬ひ―原爆慰霊祭に―」※長崎詩編21
 ②10日 谷川雁(母音)「このアメリカ人」※詩集未収録/「現代詩」10月号再出(異同あり)
 ③11日 有田秀孝(熊本・人吉高校)「ヤメテ下サイ」
 ④12日 首藤三郎(心象)「声」
 ⑤13日 大重春二(詩と真実)「鳶色の不幸な音色を……」
 ⑥14日 松永伍一(交叉点)「燃える砂」
 ⑦17日 恒井四三(浮標)「テレビジョン」
 ⑧18日 服部七郎(龍舌蘭)「空を渡る魚群」
 ⑨19日 蟇左衛門「原爆の子(新藤兼人氏に)」※井上岩夫の当時の筆名

「長崎原爆記念平和週間」って、どこが決め、いつからいつまで実施されたのでしょうか。
 
 
》記事一覧表示

新着順:94/378 《前のページ | 次のページ》
/378