teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 下目黒の「恐怖の精神虐待魔」(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:83/378 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

帝国と空襲―イギリス・台湾空襲を検証する

 投稿者:川口隆行  投稿日:2010年10月18日(月)12時40分20秒
  通報 編集済
  (昨年の合同研でコメントされた)東京大空襲・戦災資料センターの山本唯人さんから案内を頂きました。私もほんのちょっぴりお手伝いしたので参加したいのですが、別の用事で断念です。東京近郊の方で興味がある方はぜひ!

---------------------------------------------
東京大空襲・戦災資料センター戦争災害研究室主催
第4回無差別爆撃シンポジウム

帝国と空襲―イギリス・台湾空襲を検証する

日時 2010年10月23日(土)13:30-18:00 参加費無料
会場 明治大学駿河台校舎研究棟2階第9会議室
(JR総武線・中央線・東京メトロ丸の内線 御茶ノ水駅下車徒歩7分
東京メトロ千代田線新御茶ノ水駅徒歩7分
都営新宿線・三田線・東京メトロ半蔵門線神保町駅徒歩7分)

問題提起 大岡聡(日本大学法学部准教授・東京大空襲・戦災資料センター研究員)

報告者 山根和代(平和資料館「草の家」理事・高知大学非常勤講師)
     「イギリスにおける空襲展示について―ロンドン・コヴェントリーを中心に」
        洪致文(国立台湾師範大学地理学系助理教授)
     「第2次世界大戦における台湾空襲」

ドイツ軍によるイギリス都市空襲、アメリカ軍による台湾都市空襲をとりあげ、これらの空襲の実態と、戦後、それらがどう記憶・記録され、伝えられてきたのかに焦点を当てます。帝国本国への空襲、帝国の植民地への空襲を取り上げることにより、空襲の世界史の視野を広げることをねらいとします。

詳しくは以下をごらんください
http://www.tokyo-sensai.net/info/info2010/info2010-15.html
---------------------------------------------
 
 
》記事一覧表示

新着順:83/378 《前のページ | 次のページ》
/378