teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 下目黒の「恐怖の精神虐待魔」(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:67/378 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「戦争」状態

 投稿者:坂口 博  投稿日:2011年 3月18日(金)08時33分19秒
  通報 編集済
   不謹慎ついでに、また他人事のように言うのだが(同じ目に遭ったら、もっと激しく主張する)、原発事故をめぐる状況は、「戦争」状態と認識したほうがいい。
 避難というより「戦時疎開」である。「終戦」は、いつ来るとも知れぬ。
 戦う相手は目に視えない。いや、「もの」としては明確に存在しているのだが、手強すぎる。1970年前後には、三島由紀夫が期待したような自衛隊の出番はなかったのだが、今回は、警察機動隊に負けてはなるかと、しぶしぶ出動した(両者の確執は、まさに茶番劇)。デモ隊や民衆排除に効力のあった放水車(まだ機動隊は持っていたのか)も、今回は戦果なしのようだ。
 そんなことを考えていたら、新聞通の知人からメールが来た。
「福島原発事故をめぐる政府や東電の発表、TV報道は戦時中の大本営発表」と同じと指摘した上で、「自衛隊のヘリコプターが焼け石に水の散水で原発に立ち向かう様子に、「ゴジラ」を思い出しました」と書く。
 そうだ、ゴジラも放射能を帯びていたから、まったく同じ構図である。
 
 
》記事一覧表示

新着順:67/378 《前のページ | 次のページ》
/378