teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


岡田ジャパンベスト8逃す

 投稿者:あさみのパパ  投稿日:2010年 7月 4日(日)11時17分46秒
   ワールドカップ2010、岡田ジャパンはベスト8を惜しくも逃した。
 ベスト16からベスト8への大きな壁をみることになった。グループリーグ直前でのメンバー変更で守りをベースとするポジション変更を行ったことで、無駄な失点は大きく減ったが、その一方で確実に点を取る場面を作るケースはFK以外は大きく減った。
 課題としてはこの確実な得点パターンをチームとして作ることであるが、他国をみてもメッシュがいるアルゼンチンもカカがいるブラジルもベスト8からベルト4への壁に阻まれている。
 その一方で、ドイツの戦い方でVSイングランド、VSアルゼンチンとの試合は、極めて戦略的な視点が優れているチームが、圧倒的な得点力と守備力を発揮できている点が大きな参考となるであろう。
 守備からのカウンター一辺倒ではない、トータルな守備から攻撃への転換スピードの向上など、日本が目指しているチーム像とも重なる部分がある。
 是非、このドイツと戦っても勝てるような戦力と戦略を持った、ニュージャパンチームの結成を期待する。
 
 

阪神CSを逃す

 投稿者:あさみのパパ  投稿日:2009年10月 9日(金)23時25分31秒
  残念、3位ヤクルトに2連敗し、CSへの進出を逃してしまった阪神。
今シーズンは終わったので、来シーズンへ向けて体制を整えよう。
選手は1年間ご苦労さんでした。
 

やったWBC2連覇達成!

 投稿者:あさみのパパ  投稿日:2009年 3月24日(火)22時22分43秒
   ついにWBC決勝で日本が韓国を破り2連覇を達成した。9回裏に韓国に3-3に追いつかれ延長になり、日本が10回表に2アウトランナー2・3塁からイチローがセンター前のヒットを放ち2点を追加し、その裏5-3で最終回ダルビッシュが最後の打者を三振に打ちとり、勝利を手にした。
 イチローは2ストライクを先行されながら、ファールで何本も粘って最後はセンター前に運んでいった。インタビューでは「いろんなことを考えていた。」と答えていたが、この粘りは執念であり、最高の集中状態での一振りではなかったか。
 WBCを通じて不調であったイチローが最後に見せた、リーダーとしての実行力にただただ感心するばかりである。やはり、ヒーローは時機をも見方にする力を持っているのだろう。そしてその与えられた機会で最高の精神状態へ持って行ったその潜在力にやはり「天才」の称号を改めて与えるしかない。
 ジャパンバンザイ!やったぜ日本!
 

がんばれ!原ジャパン

 投稿者:あさみのパパ  投稿日:2009年 3月18日(水)23時37分58秒
  WBC第2ラウンド2回戦で三度目の対戦となった韓国に1-4で惜敗した。この日のダルビッシュ有の1回のピッチングが勝敗を決めてしまったように見えるが、やはり対韓国戦での敗戦は前回と同じく、打線のつながりがなかったことである。韓国投手陣の攻略がまだ完全にできていないように思える。作戦にしても、韓国投手の苦手な、揺さぶりをもっとかけてよかったのではないか。特に初回は、相手の調子を見る上でも、盗塁、エンドラン等の作戦を試しておいてよかったのではないか。
 とはいっても、次に韓国に再戦するには、キューバとの2回戦目を勝ち抜く必要がある。キューバは投手陣が、ローテンションを崩しており、大量得点のチャンスでもあるが、打線の奮起なしにはできないことなので、やっぱりイチローに期待したい。イチローらしい渋いヒットを期待したい。
 がんばれ原ジャパン!
 

星野ジャパン惨敗

 投稿者:あさみのパパ  投稿日:2008年 9月 8日(月)23時03分47秒
  北京オリンピックの野球は、星野ジャパンが決勝トーナメントで、再び韓国に破れ、3位決定戦でもアメリカにも敗れ、メダルなしの結果となった。敗因はいろいろいわれているが、やはり選手の選考に問題があったといわざるを得ない。とくに、故障者をわかっていながら北京へ連れて行ったこと。そのために、戦力が大きくダウンしていたことと、その情での起用が、ほかの選手の士気も損ねていたことに指揮官が気づいていなかったこと。これでは、チームとしての一体感はなく、やはり接戦での勝負には力を発揮できなかった。
 やはり、短い期間でチームとしての戦力を確保するには、対戦相手を研究してそれにあった選手、とくに相手投手の特徴をふまえた打者の選考が必要ではなかったと思われる。
 それと、誰もが思ったのは、シーズンと違う守備位置に配置された選手の練習不足である。もともと、そんなに器用ではない選手を大事な試合で普段と違う守備位置に先発させたことは、接戦ではやはり致命的になったのかもしれない。
 来年、WBCでのジャパンに期待しよう。大リーガーをいれたチームを采配できる指揮官の登場を期待して。
 

星野ジャパン決勝トーナメントへ

 投稿者:あさみのパパ  投稿日:2008年 8月19日(火)21時53分29秒
  8月19日の中国戦を10-0の7回コールド勝ちで、決勝トーナメント進出を決めた星野ジャパン。明日20日は米国戦である。決勝トーナメントの前哨戦である。1位は韓国、2位はキューバが確定しているが、米国戦次第で日本が3位か4位になるので対戦相手が変わってくる。その意味で、明日の米国戦は日本の戦略が問われることになる。星野ジャパンの采配に注目だ!!  

星野ジャパン初戦惜敗

 投稿者:あさみのパパ  投稿日:2008年 8月14日(木)00時18分58秒
  8月14日オリンピック野球の予選リーグが始まった。相手は宿敵キューバ、ジャパン先発はダルビッシュだったが、5回に捕まり、後を継いだ成瀬がヒット打たれ、2点差をつけられた。その後、ジャパンの反撃は実らずそのまま2-4で初戦惜敗した。途中、星野監督が三振の判定に抗議をして、一瞬退場のコールを受けたが、審判が打者の交代を抗議と勘違いしたものだとわかり、退場はなかった。次の台湾戦に期待しよう。そして決勝トーナメントでは、キューバにリベンジだ。予選で負けて、決勝で勝つという作戦もありかな!?  

がんばれ星野ジャパン

 投稿者:あさみのパパ  投稿日:2007年12月 7日(金)18時11分14秒
  北京オリンピック出場を韓国、台湾との激戦を戦い抜いて、見事手にした「星野ジャパン」。さあ次は北京オリンピック本番での金メダル獲得だ。WBCの再現を期待して応援しよう。  

残念だが。4年後を目指せ!!

 投稿者:あさみのパパ  投稿日:2006年 6月24日(土)21時50分34秒
   クロアチア戦に引き分けて、首の皮1枚でつながった決勝トーナメントへの可能性を、ブラジル戦で生かすことができるかと、応援しましたが、残念ながらブラジルに4-1で敗れ3点差で負けてしまいました。ジーコが言うように第1戦のオーストラリア戦がすべてとは言わないが、やはりその後の戦いを急遽変更しなければならなかったことは確かでしょう。そして、精神的にはもっとも可能性の少ないことに挑戦しなければなりませんでした。このことが、ジーコジャパンにとって、もっとも大きな壁となったのかもしれません。もっとも困難なことに挑戦するときに最も実力を発揮できるような精神的修養が必要なのかの知れません。予定調和的な戦略を持ってしまうと、そこから外れた場合、中々対応ができなくなるのかもしれません。
 こう言ったことを、今後の課題として4年後の南アフリカを目指しましょう。がんばれ日本!!
 

さあクロアチア戦だ!!

 投稿者:あさみのパパ  投稿日:2006年 6月17日(土)16時01分45秒
  ワールドカップ2006ドイツ開会が始まりました。頑張れ日本!オーストラリアには負けたけど、クロアチア戦を勝ち抜け!"
最後は、ブラジル戦で引き分けに持っていければ、何とか決勝トーナメントへ進出できるぞ!!
 

レンタル掲示板
/4