teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:38/39 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

How to doとHow much

 投稿者:mmkk(管理者)  投稿日:2006年 2月 5日(日)22時18分54秒
  通報
   英語のHowには大きく分けて二つの意味があるようです。「どのように」行うのかというHowと「程度」を聞くHowの二つです。前者はHow to doに使用され、後者はHow much,How many,How long等のように物事の高低や大小、長短などの計量を聞く場面になります。前者のHow to doは実は内容的にはWhich,Whose,Whomにブレイクダウンされていると考えてよいでしょう。すると8W1Hの1Hは計量についてのみ聞けば良いことになります。
日本語では「どのように」ではなく「どれくらい」を聞く疑問詞として考えればよいのです。もう一つの意味の「どのように」はもっと分かりやすく、Which「どんな手段や方法を選択して」、Whose「誰を味方につけて」、Whom「誰に対して」行うのかを聞くことです。
 また、Howは近世からの表記でそれ以前はWhowが使用されてきた歴史的事実を考えると、近世以前はWhowが元々程度を聞く疑問詞の意味を持っていて、Howに転化してからは「どのように」が加わって複雑になったのではと推測されます。この点は英語の専門家にこの掲示板を通じて、更なる検証研究をお願いしたいと思っています。どうかよろしく。

http://thinking-way.com/

 
 
》記事一覧表示

新着順:38/39 《前のページ | 次のページ》
/39