teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:31/39 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

フェルメールと黄金分割

 投稿者:mmkk(管理者)  投稿日:2007年12月10日(月)23時32分4秒
  通報
   フェルメールの「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画を六本木の国立新美術館にて鑑賞した。建物は黒川紀章の設計によるもので、丸・三角・四角の基本図形が活かされていた。
 フェルメールの展示作品はその一点だけであったが、それに集中して観た。遠近法と黄金分割を徹底的に使用して、工夫を重ねていることが見て取れる。そして構図と配色が実によく計算されていることが分かる。
 黄金比(黄金分割・黄金率・神聖比例)はこのように意識すると、美術やデザイン関係で多く使用されていて、特に説明が無くても大脳視野に自然と溶け込んでくれるものの様である。

http://homepage2.nifty.com/thinking-way-8W1H/

 
 
》記事一覧表示

新着順:31/39 《前のページ | 次のページ》
/39