teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(3)(管理人)14/09/09(火)17:37
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2/607 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: イラリスやってるけど発熱

 投稿者:神無遼  投稿日:2018年12月31日(月)00時01分30秒
  通報 返信・引用
  > No.638[元記事へ]

> イラリス打ってるのに38度超えました。ただCRPは打つ前より全然低いです。これって効いてないのでしょうか?


イラリスは治療薬ではなくあくまでもコルヒチンの補助薬なので
発熱時はコルヒチンの増量で期間コントロールされている方が多いと思います。
あくまでもIL-1を抑えるだけですし
抑制能力の評価もいまだ「コルヒチン>イラリス」ですし
結局イラリスを使っていても発作が起きる時はおきますよね。

事前に説明を受けたと思いますが
効いているかどうかの判定は
・発作に関係なく常にCRP、SAAが正常値内
・軽い発作に抑えられる、または全く発作がなくなる
・患者本人が回復したと自覚できる
等ありますが、現在の基準だと主治医の見解や主観によるのではっきりしないんですよね。
ご自身としてはどうですか?
効いている感じしますか?
イラリスは周期性発熱用のバイオなので「発熱抑制能力が強い」という特性があります。
効いていると判定されている方の共通項として「血中のIL-1βが抑制されることにより平熱が下がる(35℃台~36℃前後になる)」という特徴がありますが、そういった変化はいかがでしょうか?

私は発作時でも発熱は全くなくなりました。
出ても37.0℃止まり
症状は関節痛だけになりロキソニンテープで対処できるので日常生活には影響なし
発作期間は半日~1.5日と短縮されました。
どうしてもの時はコルヒチンを1錠増やせば数時間で回復しますし
検査数値もCRP、SAA共に正常値に入り上がらなくなったのと
炎症の影響とコルヒチンの副作用で血球減少していたのも正常値に戻り
今のところイラリス+コルヒチン1.5mgで「寛解」判定となっています。

 
 
》記事一覧表示

新着順:2/607 《前のページ | 次のページ》
/607